販売戦略:売上Up、利益Upで元気を創造する!

販売戦略:売上Up、利益Upで元気を創造する!

船橋経営元気塾 売上up利益upで元気を創造する!

日 付  9/21(火)
発表者  (株)蒼和 藤平幸子 氏

マイナスからプラスへ華麗なる転身。
顧客創造から売上創造までの道程を今明らかに

 船橋支部9月元気塾は、船橋支部の会員交流委員長としても活躍中の、
有限会社 蒼和 代表取締役の藤平幸子氏に報告をいただきました。当日は
蒼和で実際にトラック輸送しているシュークリームやお豆腐が、参加者全員
へ藤平社長より差し入れられ、和やかなムードのなか、「売上UP、利益U
Pで元気を創造する !」をメインテーマに『販売戦略』について藤平氏が報告、
その後は4つのグループに分かれテーブルディスカッションで「自社では
……、感動した……」と熱く討議されました。
 運送業を展開する蒼和は、冷凍食品・チルド食品の輸送をメインにおこ
なっています。500坪の新しい営業所を柏市藤ヶ谷にかまえ、平成21 年度
には資本金1500万円、年商2 億7 千万円、従業員30名と現在も躍進中
です。しかしそこへたどりつくまでは「マイナスからプラスへ華麗なる転身。
顧客創造から売上創造までの道程を今明らかにする。」という報告サブタイ
トルだけでは想像できない、複雑な経緯と困難が多々あった様です。
 同社の創業は1964 年ですが、藤平氏は、主婦▲ドライバーとして入社
▲配車係・営業に抜擢▲代表取締役に就任したのは2004 年。その会社の
実態は、多額の未払い金を抱えていたことを藤平氏は2年後に知ることと
なりました。(右:『物流Weekly』をご参照ください)
 まず資金調達をはじめた藤平氏が、金融機関や取引先、社員や家族に
言ったのは「私を信じろ、私に賭けろ」。人とのつながりを大切に考え、女
性ならではのきめ細かさを持ちつつ、逃げることなく大胆に自社を変革しま
した。既存客訪問はもちろん、大きな工場を見つけると「片っ端から名刺を
おいてくる」という営業活動を社長みずから行い、借金返済のためドライバ
ー業務にも復帰、昼夜を問わずトラックのハンドルを握りました。
 業界にない車輌で目立とう、と考えた次なる経営戦略は、当時まだ数が
少なかった「冷凍と冷蔵の2温度帯対応」の特注トラックの購入。デジタル
式のタコメーターも搭載し、運行と品質を管理するため全社新車という設
備投資をおこないました。現在では最低期から見れば10倍以上もの増収を
達成するほど売上げは回復し、借金も返済できました。
 そんな蒼和の経営方針は『時代がどんなに進化しても絶対必要なもの、
それは物流です。消費者が便利になる程、商品を適確に運搬するニーズが
生まれます。ただ単に商品を運ぶのではなく、食品という重要なアイテム
を、正確・安全に配送する。「荷主様と消費者の皆様に、いかに満足をお
届けするか。」蒼和は常に考え、挑戦を続けています。』というのには素直
にうなずく参加者一同。
 多方面から自社・社員・業界を見ることのできる藤平氏のピュアな気持
ちと、自我を通すという経営者としての度胸の大切さを学び、従業員さん
の補足講演もいただき、充実した元気塾となりました。

2010年09月21日 販売戦略:売上Up、利益Upで元気を創造する! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 船橋支部例会

Trackbacks & Comments

Comments are closed.


»
«