「支部創立30周年事業を推進」~古山支部長・小石幹事長の新体制発足

「支部創立30周年事業を推進」~古山支部長・小石幹事長の新体制発足

金児前支部長には慰労の花束

「30年」に確信!新発展をめざす方針を決定

 4月18日クロスウエーブで開かれた第30回支部総会は、24名の経営者が参加し、①魅力的で質の高い例会開催②ビジネスの活性化をめざす船橋ビジネスサミット継続③ネットイベントや共同購入活動など「30周年事業」の展開 を柱とする06年度活動方針と、古山典勇(のりお)支部長・小石太郎幹事長を基軸とした14名の新役員を選出して盛会裏に終了しました。

第2部懇親会の「梟庭(ふくろうてい)」経営者がその場で入会!大拍手

 第2部は「例会終了後は船橋市内名店食べ歩きを行う」との新方針に沿って、本町(山口横町)にある「梟庭(ふくろうてい)」に全員が移動、元気な交流会が行われました。この様子を見ていたお店のオーナー・松本孝志氏が同友会への「入会」を表明。すぐに申込書を書き始めると、紹介者の石井前幹事長はじめ参加者全員から大拍手が沸き、06年活動の幸先の良いスタートを示す何よりの出来事となりました。

(写真上左は「会員に喜んでもらえる支部づくり」を訴える新支部長の古山氏。上右は武田さんから「支部長在任6年間の慰労」花束を受け取る金児氏。下左は第2部懇親会の様子。下右は入会した梟庭の松本氏。)

img045  img046

img047  img048

  

2006年04月18日 「支部創立30周年事業を推進」~古山支部長・小石幹事長の新体制発足 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 船橋支部例会

Trackbacks & Comments

Comments are closed.


»
«