総会大盛況 新年度活動への期待膨らむ

総会大盛況 新年度活動への期待膨らむ

<定時総会プレーバック>(概要報告)

 

 4月19日、クロスウエーブで開かれた05年度船橋支部定時総会は、会外参加者10名を含む41名の経営者が参加し、総会・記念講演・懇親会を行いました。総会では金児隆幸支部長(再任)と石井丈晴幹事長(新任)を基軸とする新執行部が成立しました。

(株)フューチャーリンクネットワーク社長 石井丈晴氏が幹事長就任

 32歳の新幹事長・石井氏は、厳しい環境の中でこそ同友会運動の原点に立ち戻ろうと、「同友会3つの目的」を改めて紹介した後、①魅力的な例会の企画・開催②会の枠を越えた地域企業家(起業家を含む。)とのネットワークの構築③時代とニーズ変化に合わせたイベント開催 をコンセプトとした活動方針を提起しました。

総勢24名の役員・副支部長4人の新体制

 金児支部長は新人3人を含む24名の役員体制を提案し、特に「副支部長を4人として提案と執行体制を強化したい。」と述べて、前記の活動方針と共に全会一致で了承されました。

高橋美樹教授(慶応義塾大学)が「イノベーション」をテーマに記念講演

 高橋教授は講演のために作成した詳細な資料・画像を示しながら、中小企業経営の活路を「イノベーション(経営革新)」の視点からとらえ、その具体例・成功要因・学習と「社外知」活用・経営革新と「信頼」など、新鮮な切り口で研究内容や持論を展開。特に開発力や販売力の小さな中小企業にとっては「こんな商品・サービスが出来るシーズ(技術力)がある」 という視点ではなく、「本当にそのようなニーズが存在しているのかという視点を持って、ニーズそのものを見極めることが大切」と話されました。講演内容に対してはたくさんの質問が出され、問題への関心の高さが示されました。また懇親会にはほとんどのメンバーが参加し、熱い交流とディスカッションが続きました。 (写真上段左は提案する石井幹事長。右は参加者の皆さん。下段は講演する高橋美樹教授)

img029  img030

img031  img032

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

2005年04月20日 総会大盛況 新年度活動への期待膨らむ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 船橋支部例会

Trackbacks & Comments

Comments are closed.


»
«