「6年目の理想と現実」~新規事業への挑戦~

「6年目の理想と現実」~新規事業への挑戦~

「地域情報誌出版」の新規事業開始を決意

 10月18日フローラ西船で開かれた10月例会は、20名の経営者が参加し、「6年目の理想と現実~新規事業への挑戦~」と題して、現在のWeb事業と併せて紙による「地域情報誌出版」を決意した㈱フューチャーリンクネットワーク・石井丈晴社長の経営報告を聞きました。
 石井氏はネット関連事業者も多く参加した例会の中にあっても、自社の実情をさらけ出し、自身の信ずる「社運をかけた戦略」を率直に語りました。その姿勢は、新規事業へのバイタリティに満ちた取り組みとあいまって、高い評価を生みました。例会開始に先立って、瀬尾副支部長による「ポイント解説」も行われました。

創業の初心は「ITを使って元気で楽しい地域をつくりたい…」

 石井氏は、現在32歳。㈱リクルートを経て5年前に創業。その想いは「生活に密着した地域の旬の情報を、その地域の人々に届けたい」。事業内容は、地域情報サイトの運営と、このサイトに「月1000円
であなたのお店のHPを掲載します!」。サイト開設と掲載店舗は首都圏全体に広がりましたが、採算
性・収益性に大きな問題があるといいます。

浮沈をかけ紙媒体による「地域情報誌」発行にチャレンジ

 創業の志を達成し、現事業を発展させるため、過去5年間の総括を行う中で、自社の強み・弱み・資源
などを整理。その結果、「旬の地域情報とお店広告」を内容とする「地域情報誌」発行を決意。12月創刊
を予定して借り入れ・人材・資材・体制を準備しました。

グループ討論でたくさんの意見・質問

 報告後のグループ討論では、「チャレンジ精神とバイタリティは心からエールを贈りたい。」「肝心の地域情報誌にインパクトを感じない。多くの既存タウン誌がある中で、これでいいのか。」「事業計画・収益計画など更に吟味すべき。」「社業の発展は大事だが、一人のお客様を本当に大切にする心が置き去りにされないように気をつけたい。」など、率直な議論が交わされました。 (写真左は報告する石井丈晴氏。右は参加者の皆さん。)   

img008  img009

2005年10月18日 「6年目の理想と現実」~新規事業への挑戦~ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 船橋支部例会

Trackbacks & Comments

Comments are closed.


»
«